リロケーション業者選び

リロケーションとは、転勤や海外赴任などで家を空けることになった場合、留守のあいだだけ家を人に貸し出す方法のことをいいます。
「留守のあいだだけ」とあるように、貸した以上は貸しっぱなしになるわけではなく、自分が転勤や海外赴任などから戻るタイミングに合わせ、貸している人に家を明け渡してもらうことが可能です。
売却してしまうのではなく、いずれは自分の家に戻って生活したいと思っている人にぴったりのサービスといえるでしょう。

自力で人に貸し出す場合、入居者の募集活動、家賃設定、借主との契約、滞納家賃の請求、入居者の過失以外で必要になった修理・修繕、入居者が出て行かない場合の明け渡し請求など、やることが盛りだくさんです。
遠方の都道府県や海外にいると対応しきれないこともあり、自力でのリロケーションは困難を極めます。
そのため、多くの人はリロケーション会社に依頼して前述したような面倒なことを行なってもらっています。

リロケーション業者は多数ありますが、貸し出したり管理をお願いしたりしたい家が対応エリア内であることや、自分の代わりにどれだけのことをしてくれるか、入居者が対応した場合の家賃保証をはじめ、保証には何があるのかなどを条件として、複数のリロケーション会社の比較を行なうことが大切です。
業者のWEBサイトをチェックしたり、資料請求をしたりして、費用やサービス内容などが希望に合っているところを絞り込み、依頼をしましょう。

このサイトでは、依頼する業者を決めたあとのサービスの流れについて解説します。
リロケーション業者を利用する場合の仕組みを知りたい人はぜひご一読ください。

Copyright © 2014 リロケーションサービス利用の流れ All Rights Reserved.